海外に触れて気づくこと。私のキャリア選択。

こんにちは、Moeです。


今回は私が留学や海外に携わる仕事をしていて気づいたこと、

それを踏まえて私がどのように人生の選択をしてきたか、

留学やワーホリに迷っているかたへのメッセージとして紹介します。


まず、私のこれまでの経緯がこちら。

15−16才 ケンブリッジに語学留学

19才 外大入学

20−21才 バーミンガム大学(イギリス)学部留学

22才 外大復学、結婚、妊娠、一応就活してみる笑、長女出産

23才 外大卒業、子育ての傍ら単発でライターなどの仕事を始める

24才 個人事業主となり、英会話教室開講、留学事業(Sharehouse Australia)のお手伝い開始

25才(現在)英会話講師と留学事業、翻訳などの仕事を掛け持ち、、


20代前半をぶっ飛ばしてきた私。

ちなみに一度も就職したことはありません。


「留学までしたのになんで就職しないで子供産んだの?」

「順番が違うんじゃないの」

「親不孝もの!」

などなど、色々言われたこともありましたし、確かに周りの協力なしにここまでやってこれなかったのは事実ですが、

私がこんな風に選択できたのは、

海外と関わることで気づいたことがあったからなんです。


日本では、大学入学→就活→卒業→就職→キャリアを積んでお金も貯めたら→結婚→こども→家購入、、

といったこうあるべき主流みたいなものがありますよね。


海外では、「こうあるべき」とか「こうでなくちゃいけない」という

縛りというか意識が日本よりも薄いと感じます。

15才で行ったイギリスの語学学校のクラスが物語っていました。

クラスには私のようなチビから明らかにおじいちゃんくらいの人、

さらには勉強がしたくなったからと母国から妻子を連れて来ているお父さんまでいて、

衝撃を受けたのを覚えています。


また、中学・高校で、学校の偏った考え方に納得できすに

完全にはみ出し者として扱われていた私の発言や思いが

その語学学校のクラスで受け入れられたあの感動は忘れられません。


人生には色んな順番や考え方があっていいんだと自信をもてました。


大きくなってから「モエは人と違うことするのが本当に好きだよね」と

言われることがよくあります。

でも、私は人と違うことをしたいのではなくて、

正直に、自分がしたいと思うこと、その時その時のベストだと自分が納得できる選択をしてきただけなんです。


そうして生きているだけなんですが、面白いことに

そうやって過ごしているとおのずと素敵な人に出会えたり、

滅多にないチャンスを頂いたりするようになりました。

人生っておもしろいなあと毎日ワクワクして過ごせるようになったんです。


周りの友達がどんどん就職していき、自分だけが小さなこどもを連れていた時は

どうしようもなく取り残されたような感覚に陥ったこともありましたが、

この順番だからこそできることがある!と自信をもっていますし、後悔はありません。



私の思考はオーストラリア育ちの夫までもを解き放ったのか、

先日彼は一人でオーストラリアに戻り、自分の力を試したいと言い出しました。

私に負けない向こう見ずっぷりですが、

「面白そう、思うようにやってみたら!」と返しちゃう私がいました。


彼は彼の人生だし、好きなことを夢中で頑張っている方がいいし、

そんなこともできない夫なんて正直いらないです。笑


最後に、何が言いたいかというと、

今の仕事や環境に文句をいったりそれを理由にして

動かないのは言い訳だと思うし、

自分の生き方に自信がなかったりそれを変えようと自ら動かないのは

とてもじゃないけど魅力的だとは思えません。


先日Yukoさんの記事にもありましたが、

心の声をきき、直感を信じ、心からやりたいと思うことには飛び込んでみる!

人生を選択できるのは自分自身です。

そんな姿勢で留学にしろ、ワーホリにしろ、どんどん挑んでもらいたいと思います!






84 SHARES
  26
  13
留学のその先。①心配いらない!
Back
大人がワクワク!プロのドラマーによるドラムレッスン(初級)
Next
高校・大学時代にイギリス留学を経験。大学在学中に結婚・出産。育児の傍ら、英会話講師としても活動。オーストラリア育ちの夫の影響もあり、長女のバイリンガル育児を実践中。将来は、家族でオーストラリアへ移住するという野望を抱く!
Comments
Total: 13
2016-02-11 20:47:14
Edited
本屋で手に取る自己啓発本より、心に響くものがありました。同じような境遇の方は多いと思うし、読むだけで心強さを貰える気がしました。ありがとうございます。
  5
2016-02-12 10:12:40
森山さんが私を褒めてる!森山さんに色んなチャンスをいただいて本当に感謝しています。ただの破天荒だった私が、初めて立ち止まって将来のことを考えることができたのも、大事なのは軽さとかスピード感だけじゃないって思えたのも森山さんのおかげです!ありがとうございます!
  3
2016-02-12 14:20:46
特に何をした記憶もないですが、そう言ってもらえると^^ それにしても、15歳でイギリス留学に踏み出すっていうのは、凄い行動力ですよね。
  3
2016-02-11 13:56:53
素敵な記事ですね♪
人と違うことが「Strange」なのではなく、それが「Special」だってことに気付くと、また自分の人生も楽しくなりますよね!
一番応援してほしい人に好きな道を行きなさいと後押ししてもらえる旦那さんは幸せ者ですね。
  4
2016-02-12 10:07:50
そうですよね!みんなそれぞれスペシャルなんだから、もっともっと自分らしく創造していっていいのに!と思います。
こうしなくちゃいけないと思ってやりたいこともせずにダラダラ過ごすのほどもったいないことないですよね。
かおりさんにはいつもやる気を頂戴しています!密かにいい女っぷりも見習っております笑
  3
2016-02-11 12:49:45
Moeさん、素敵です!!
20代って、まだわからないことの多い時なのに、15で海外に出たからこそ、その気付きが早かったんでしょうね!!
Moeさんにお会いして、もっと話を伺いたいです!
たくさんの人がMoeさんの生き方に感化されると思います。
  4
2016-02-12 10:05:35
私もわからないことだらけですが、わりと小さいうちから自分と向き合ったり、したいこととか考えがはっきりしていたので、性格の問題なのかも。。
でも海外で受けた衝撃や、今まさにシェアログを通じてマキコさんやみなさんの生き様にインスパイアされる部分はかなり大きいです!
  3
2016-02-11 09:03:46
Moeさん素敵です!自分に正直に生きるって、シンプルなようでいて実はとても難しいのかなって思うときがあります。小さい頃は変わり者扱いされたような考え方や発言も、社会に出ると共感したり応援してくれる人がたくさん現れて、自分の選択が間違ってなかったんだと思える。
結婚もされて、お子さんもいて、それでもそう言い切るもえさんをとても尊敬します。是非、ごはん実現しましょう(^^)
  4
2016-02-12 10:02:30
ごはん、行きましょう!笑
地元では完全に変わり者扱いされてましたが笑、「私も萌ちゃんみたいになりたい」って言ってくれる人もいて、ちょっと自信がついています!
親がわりとリベラルなので、この破天荒ぶりが許されたというのも大きな要因だと思いますが笑
  3
2016-02-11 05:10:15
うん、スバラシイ!!
20代半ばで私よりもしっかりしていて大人で、とにかくスバラシイ!(笑)
そんなMoeさんに出会って勇気をもらえる日本人の若者たちがたくさんいることでしょう。
日本にいると知らぬうちに考え方が偏ってしまう、ということ。海外に出てみてしみじみ感じますね。
私は勝手に自分の好きなことやってるだけですが、それで周りに少しでも「こんな生き方でもいいんだなぁ」っていう気づきをポイっと投げられればいいかなと思ってます。
一緒に頑張りましょう♪
  4