15歳、たった一人で向かった先イギリス

こんにちは、Moeです。


私はこれまでに二度の留学を経験しました!

私の留学経験談で、

海外に興味はあるけど、留学やワーホリになかなか一歩踏み出せない・・

という方々の背中をぽんと押せるような存在になりたいと思います♪



私の留学先はイギリスです。

一度目は、高校1年生(2006年)ケンブリッジで語学留学

二度目は、大学3回生(2011~2012)バーミンガム大学にて学部留学

を経験しました。


子どもの頃から、船乗りだった祖父や

アメリカ在住のいとこの影響もあり、海外に対して強い興味をもっていたのですが、

留学はまだまだぼんやりとした夢でしかありましんでした。

そんな時、ある魔女のような先生との出会い、

彼女の長年の海外生活(アメリカとオーストリア)に経験談を聞いているうちに

私の海外へ飛び出したい欲に火が付きました。


気づけば15歳の夏、私はたった一人、

地元の高知で両親に別れを告げ、

ロンドンはヒースロー空港に降り立っていました。


しかし、出発まではワクワクと希望で胸が爆発しそうだったにも関わらず

ケンブリッジに到着してからの3,4日間は来たことをひたすら後悔いていました。

ひとりっきりの海外、初めてのホームステイ、

レベルの高い授業に毎日常に半べそ状態。


ついに学校のオフィスに駆け込み、

日本の母に電話をかけてもらう始末!

号泣しながら「もう帰る!」とすがりつく私に

母は一喝。

「あなたが行きたいと思い、決めたこと。途中で投げ出すなんてもってのほか。今いるその地でその時できる精一杯のことをせずに諦めることは絶対に許しません。気張りなさい!ガチャッ(電話切られた)」


茫然とした後、

再びメソメソしてましたが、

よく考えて周りを見渡せば、「ずっと夢に見ていた場所にいる」。

楽しまなきゃ、学ばなきゃ、損!!

と切り替えられました。


その後は授業にも慣れ、友達も増え、

刺激に満ちた毎日が楽しくて仕方ありませんでした!




帰国後、そのまま英語を続け、

外大に進学した私は、英語でのレクチャーやプレゼンをしていくうちに

再度留学熱が高まり、もう一度留学することを決意。

それも、現地の大学への学部留学に挑戦しました。


そして、なんとかバーミンガム大学からの合格を頂き、渡英。


専攻していた社会言語学を現地でも勉強しました。

現地の学生に混ざったレクチャーやセミナーはついていくのが本当に大変でしたが、

おかげで多くのことを学びました。


具体的な内容は、留学をおすすめする理由シリーズで紹介します☆



海外へ一歩踏み出すこと、異文化の中で生活することは

確かに大きな勇気が必要です。

しかし、留学にしろ、ワーホリにしろ、何かこれだという目的をもって

がむしゃらにでも行動してみれば、絶対に自分のプラスになる一生の経験になります。


「自ら考えとにかく行動する」ことが一番大事なポイントだと思っています。



現在私は、関西で英会話講師をしながら

夫の第二の故郷であるオーストラリアに家族で移住することを目標としています♪


海外にご興味のある方、どんどん交流を深め情報をシェアしていきましょうね!






  8
  1
 
留学をおすすめする理由①
Next
高校・大学時代にイギリス留学を経験。大学在学中に結婚・出産。育児の傍ら、英会話講師としても活動。オーストラリア育ちの夫の影響もあり、長女のバイリンガル育児を実践中。将来は、家族でオーストラリアへ移住するという野望を抱く!
Comments
Total: 1
2016-07-12 12:05:44
15歳は中々早いですね!タイトルをみてついつい最後まで読んでしまいました。目標が実現すると良いですね!
  0