ワーホリと留学の違いって何?

ワーキングホリデーそれとも留学?

迷った方も多いのではないのでしょうか?

前回はホリデーまたはワーキングホリデーの比較をお伝えしました。

今回はワーホリ、留学の違いについて比較してみましょう!


オーストラリアでワーキングホリデーをするメリット


・一年の中で自由に旅をしたり、働いたり、勉強したりとアレンジ自由自在!


・一つの都市に限らず動きたいときに好きな場所へ行ける。


・生活資金をこちらで稼ぐことができるので最初の資金も少なくて行ける。


逆にデメリットとして


・ワーキングホリデービザですがホリデーをメインに楽しみその一定の生活を補うことを目的として就業ができるビザなので、働きたい!をメインに持ってきてしまうとPRビザ(永住権)が必要だったりする場合があり自分の思う仕事に就くことができない場合がある。


・働く期間に制限、学校に行ける期間に制限がある。


・英語力が伸びるかどうかはコミュニケーション力で変わってくる。日本人ばかりの環境だと結局しゃべれずに帰国してしまうパターンもある。学校も短期間なのでその後は自分次第。


というメリットデメリットがあります。


自由な分何を目的に海外生活を過ごすのか

を最初に考えてみることをおすすめします。

働いてばかりで逆に日本とやってることが同じで何をしにきたんだろう?

という人もたくさんいるので、一つ目的を考えて入国すると帰国したときにやり遂げた達成感はありますよね。




上の写真はメルボルンにあるRMIT大学。

建物のデザインがユニークなのもメルボルンの魅力の一つ。

次は、

オーストラリアで留学するメリット


・目的を決めて入国しているのでそれに集中して勉強に取り組むことができる。


・生活を補う為に週に20時間、ホリデーの時は無制限に働けるので英語も勉強でき生活面も心配することなく安心して生活できる。


・学生の間は期間に規制がない為ずっと働くことができる。


逆にデメリットとして


・最初に十分なお金を貯める必要がある。


・ホリデー中にしか長い休みが無い為自分の行きたいときに旅行に行くことができない。(ホリデー期間が限られるのでほぼシティでの生活ばかりでオーストラリアならではのダイナミックな体験ができない時もある。)


例えば⬇のようなオーストラリアの大自然を時間をかけてゆっくりのんびりと満喫するような体験。



と言った感じでしょうか。

英語をしっかりと勉強したいのであれば留学をぜひおすすめしますし、逆に自分で自由にアレンジを楽しみたいのであればワーキングホリデーをおすすめします。

最初に留学して年齢があてはまれば後でワーキングホリデーに行くこともできるので最初に英語をしっかり勉強するのもいいかもしれませんね。

私は逆のパターンで入国しましたが自分の目的も達成でき、次のステップに向けてやるべきことが明確になりました。ワーホリを使うのにギリギリだったという年齢的な面もありますが・・・。


あれもこれもと色々考えすぎるとなかなか決まらないので、大事なのは、


一つ自分の中で目標を決めること。

英語?仕事?旅行?そこからワーキングホリデーなのか留学なのか決められるといいですよ。

次回は皆さんの気になる仕事の探し方についてお伝えいたします。お楽しみに!


 
25 SHARES
  17
  2
オーストラリアでホリデー?ワーホリ?に迷う人必見!
Back
オーストラリアでの仕事探し「初めてのファーム編」
Next
オーストラリア在住歴4年目となりました。
日本でアウトドアメーカー勤務。その後ワーキングホリデーでオーストラリア各地を旅しました。現在もメルボルン在住です!
アウトドア、旅行、写真、アクセサリー作りが趣味です。
人と違った体験や海外生活を通してこれからメルボルンに来る方のサポートができたらなと思っています!
ワーキングホリデー、留学相談、オーストラリアで英語をのばす方法など気になったらどんどん質問待ってます!!
コーヒーが大好きなのでメルボルンのカフェめぐりは任せてください!!
Comments
Total: 2
2015-10-21 13:50:05
どの方法にせよ、ぶれない目的を一つ決めるのは本当に大切ですよね!そして写真が壮大で素敵です!!さすがオーストラリア。。
  4
2015-10-21 18:57:31
結構相談を受けているとあれもこれもってなっちゃって結局どうしたらいいのかわからなくなっちゃうパターンになる人も結構多いのでもっと来楽に考えてみると見えてくることってありますよね:)この写真はWAから8時間ほどの景色です!リバートレッキングはまるで映画の世界でした!
  2