IELTS対策、基本のキ。

まずはじめに、前回の記事「日本から買ってきたものたち」への訂正と補足です。

オーストラリアは、持ち込むもの(食べ物、木の製品、植物などなど)の規制が

とても厳しい国の一つです。



入国するときには、必ず該当のところに☑して

申告することを忘れないようにしましょう。

(持ち込みOKな食べ物を持っていても、必ず申告します)



持ち込んでいいもの、ダメなもの、情報は

コチラのHPから。

http://www.agriculture.gov.au/travelling/to-australia/arriving-in-australia-declare-it#dairy-and-egg-products


ちなみに、マヨネーズは持ち込み不可でした。

訂正とお詫びを申し上げます。



********************************


さて、今回の本題。

IELTS(International English Language Testing System)について。


イギリス、オーストラリアでは

一番良くきく英語のテストです。


大学、大学院、その他カレッジなどへの入学、

永住権の申請

医師、看護師、教師などの免許の書き換えなどに

必要です。



目指すスコアによって

自称「IELTSマスター」のワタクシからできる

アドバイスも違ってくるのですが・・・


少なくとも

受験する誰にでも言えることは

「必ず、IELTSのための対策をしましょう!」

ということ。


どのような資格試験でも同じだと思いますが

「傾向と対策」はあります。


どのような力を求められているか

まずは知りましょう。


そのために有効な問題集がコチラ↓↓


本番と同じような形式で載っています。

リスニング用CDも付いていて、4回分収められています。




コチラは、The green revolution, Urbanisationなどの

テーマごとに、語彙を強化するためにとても参考になります。

ワタクシは個人的に

この問題集が好きで、何度も繰り返しやりました。




とにかく、英語を常に使うこと。

英語で見ている情景を言ってみること。





IELTSについて、

聞いてみたいことなどありましたら、

お気軽にコメント、メッセージください。


それに応じるような記事を書きたいと思います。









              

13 SHARES
  9
  4
日本から買ってきたものたち
Back
オーガニックマーケット
Next
オーストラリア人の夫と2010年5月に日本からゴールドコーストへ移住。
日本語堪能、現役英語教師の夫と、そこそこの英語力で日本語教師のワタクシは、言語オタク。言葉について語ると止まらない・・・(笑)それでも、言語学習に苦労した私たちだからこそ、これから勉強するぞ!という人の相談に乗れるはず。
2人の子どもは、英語と日本語の2言語、オーストラリアと日本の2文化をバランスよく吸収し、バイリンガル・バイカルチャーで育っています。
趣味は、ブッシュウォーキング。料理と食べること。読書。

ゴールドコースト渡航前に聞いてみたいこと。
オーストラリアの教育事情。バイリンガル育児のこと。英語学習のことなど、お気軽にお尋ねください:)

【アメブロ】http://ameblo.jp/englishcoach2017/
Comments
Total: 4
2015-11-28 08:35:23
すごい!IELTSの問題集が好きなんですね。私もIELTS受けましたが、英語好きの私ですが、もう当分結構ですと思ってしまってます!笑
ライティングのポイントとかIELTSマスター教えてください♪
  0
2015-11-30 04:04:15
IELTSは決して好きではありません。むしろ敵!?(笑)先日もSpeakingだけ足りませんでした(涙)必要なので、やっているだけです。でもやっているうちに、得意になったという感じでしょうか・・・
  0
2015-11-27 10:45:22
Edited
イギリスやオーストラリアに留学するときは必須なIELTS。私も留学する前や帰国後に何度か受けましたが、苦戦しました~。
ライティングが特に苦手で、通ってた講習のイギリス人の先生に毎回真っ赤に添削されていました・・
マークシートと違うのでスペルなんかも誤魔化しきかないところが難しいけど、その分本当のスキルが試せて信用できるし、いいですよね。
  0
2015-11-30 04:02:52
ホント、スペリング一つとっても真の力が試されている感がありますよね。
  0