クリスマスにまつわる豆知識「へえ」

皆さん、こんにちは。


もう12月ですね!日本では「師走」と言われていますね。

あっという間に、今年も終わってしまうんだろうな~。



こちら、オーストラリアでは

「12月1日=夏の始まり」と言われています。

1年を通して温暖だからなのでしょうか?

カレンダーを見ながら、季節を意識している人が多いように感じます。



また「12月1日」と言えば

そう、クリスマスの準備をする日でもあります。




クリスマスは、

欧米の国においては、1年の中で1番のイベントと言っても過言ではないでしょう。

オーストラリア人も

クリスマス当日は、家族が皆集合して祝う日。

その前は、職場や学校で

クリスマスパーティーやクリスマスキャロルが行われます。




さてクリスマスにまつわる豆知識を

今日はご紹介しましょう。




1.まずは皆さんもご存知のように

オーストラリアは「真夏のクリスマス」です。

5年住んでいても、違和感ありまくりです(笑)


当然、サンタさんはサーフィンに乗ってやってきます(へえ)



半袖、短パンのサンタさんもいます。(へえ)

足がビーサンじゃないのがこの写真残念!




2.クリスマスツリーはいつからいつまで飾るのか?

5年住んでみて、ワタクシの経験からのデータです(←そんなたいそうなものではないですが・・・)


出すのは、12月1日が王道です。(へえ)

そして、ツリーを飾ったままで新年を迎えます。

ツリーは、クリスマスホリデーの象徴とでも言うのでしょうか?

それとも、暑過ぎて片付けられないでしょうか・・・!?

片付けるのは、1月の初旬から中旬ごろです。(へえ)




3.シークレットサンタ

職場や学校などたくさんの人が集まる場でのクリスマスパーティーの

レクリエーションの一つが「シークレットサンタ」です。


いくつかバリエーションはあるそうですが

ワタクシが以前の職場で実際にやった方法をご紹介します。


事前に参加する人の名前を紙片に書き

くじ引きをします。

そして、引いた名前の人へのプレゼントを用意します。

相手には、絶対に誰がプレゼントを選んでいるかは言いません。

シークレット=秘密です。

具体的な人に対してプレゼントを選ぶので

その人の趣味・嗜好を考えながら選べるのでいいですよね。

で、当日は、プレゼントにラッピングをして

「From Secret Santa」と添えて

一箇所に集めます。大抵はツリーの下に置きます。


これは、日本でもできるので

皆さん、試してみてください~。







                       
14 SHARES
  12
  2
オーガニックマーケット
Back
クリスマスの楽しみ
Next
オーストラリア人の夫と2010年5月に日本からゴールドコーストへ移住。
日本語堪能、現役英語教師の夫と、そこそこの英語力で日本語教師のワタクシは、言語オタク。言葉について語ると止まらない・・・(笑)それでも、言語学習に苦労した私たちだからこそ、これから勉強するぞ!という人の相談に乗れるはず。
2人の子どもは、英語と日本語の2言語、オーストラリアと日本の2文化をバランスよく吸収し、バイリンガル・バイカルチャーで育っています。
趣味は、ブッシュウォーキング。料理と食べること。読書。

ゴールドコースト渡航前に聞いてみたいこと。
オーストラリアの教育事情。バイリンガル育児のこと。英語学習のことなど、お気軽にお尋ねください:)

【アメブロ】http://ameblo.jp/englishcoach2017/
Comments
Total: 2
2015-12-09 05:16:49
季節が違うと趣も違いますね。
この違いを楽しむのが、海外生活の醍醐味ですよね。
また、クリスマスレポしたいと思います。
  0
2015-12-05 10:40:39
サンタさん、本当にサーフィンで来るんですね!!面白い!!笑
真夏のクリスマスネタ、引き続き楽しみにしてますね♪
  0