イギリスでは当たり前…??

こんにちは、まどかです!!

更新がご無沙汰になってしまってすみません…


いつも見てくださっているみなさん、ありがとうございます!!

2016年も私目線ではありますが、ロンドンの様々な情報をみなさんに共有できたらと思っているので、お時間ありましたら覗いてみてください!!よろしくお願いします!!!




さて、今日はロンドンに来て驚き&初めて知ったことを…!

みなさん、日常で”ビタミンD”を意識したことはありますか?

私は日本にいた時、全く意識したことがなかったのですが、なんとイギリスではとても重要な栄養素なんです。


そもそもビタミンDとは、日本人が大好きな魚類に多く含まれています。




そしてさらに、日中太陽の光を浴びることにより、皮膚でビタミンDは形成されるそうです。

ですが、イギリスでは日本のようなおいしいお魚はなかなか手に入りません。

さらに、イギリスは曇天の日が多く、冬になると日照時間が限られているため、イギリスにいるとビタミンD不足になってしまうそうです。


ビタミンD不足になると…体調を崩しやすくなったり、体がだるく疲れやすくなってしまったり、鬱になってしまう可能性があります。


なのでイギリスでは下記のように政府から発表されています。


 from the age of one, 10 microgram pills be taken to ensure people get enough.

「1歳以上のイギリス人は、1日10μgのビタミンDを摂取するように」

http://www.bbc.co.uk/news/health-33757929 )


このようにイギリスでは1歳の赤ちゃんからビタミンDの摂取が推奨されていて、実際に子供にサプリメントやエッセンスでビタミンDを摂取させるのは当たり前のようです。

日本人の感覚だとえっ?って感じがしますよね。

でも日本では普通に生活していれば比較的簡単に摂取ができるものも、国が違えばそれだけ摂取することが難しいということなんだと思います。


そして実は私も、ロンドンに来て早々にビタミンDの存在を教えてもらい、去年の9月から毎日欠かさず摂取しています。

鬱になったり、気怠さを感じてから摂取し始めたわけではないので、結果を的確にお伝えすることはできませんが…

この4ヶ月間1度も、風邪や体調を崩したり、朝起きて気怠さを感じたことがないので、これは効いているのかな…!と思っています!




錠剤タイプ、スプレータイプ(私はこれです!)、子供用…と薬局等にいろいろと売っているので、イギリスに長期滞在される方、されている方、ぜひチャレンジしてみてください!!


madoka


12 SHARES
  10
  1
LONDON おすすめギフト★
Back
ニュージーランド留学
Next
**********************
https://youtu.be/Z5KMkr5TGMw
3歳からクラシックバレエを習い始め、8歳からダンスや歌で様々なステージに立つ経験し、もっと表現力を高めたいと思い、2010年日本大学芸術学部映画学科演技コースに入学。
大学在学中ダンス、演技活動をしながらも、人生初めての海外、オーストラリアに1ヶ月滞在を機にその生活と人々に魅了され、海外に興味を持つようになり、卒業後は英語習得のため、ニュージーランドに短期語学留学をしました。

現在は運良くロンドンに滞在する機会を得て、Au Pairとしてイギリス滞在中です。
**********************
Comments
Total: 1
2016-01-17 16:58:12
ビタミンDの大切さ、私もイギリスで知りました!
牛乳とかにもビタミンDプラス!みたいなのあったような、、
こんなスプレータイプもあるんですね!知らなかった!
日本にいるとあまり知られていないことに気づけるのも海外滞在する良いポイントですね!
  1