メルボルンの郊外でキャンプ!!

メルボルンいよいよ夏!!という感じがしてきました。

街行く人の格好がついに待ってました!!とういうようにTしゃつ短パンにビーチサンダル。いわゆるオージースタイル???の人が多くなってきました。

女性はワンピースをきる人も多くワンピースの柄が結構おしゃれでかわいい!!

今日は、ファッション特集かと思いきや・・・

夏を満喫!そうだ!キャンプに行こう!!

という事で行ってきました。メルボルンファッション特集はまた次回ということで・・・

今回は、

キャンプ!!

しかもザックにテントと寝袋と食料を担いで・・・。

私はゆるーいキャンプを想像していたのですが、なぜかガッツリなキャンプに変更。

場所はメルボルンから3時間ほど車で走ったところにある


「Cathedral range state park」




夏のメルボルン夜の8時半でも明るいのでこの日の出発も遅めでいいかと思いながら出発。

途中ブランスウィック(シティ近くのオシャレなカフェやショップが集まるエリア)で渋滞。その語後は

途中ヤラバレーを通りながらブドウファームやイチゴファームの広大な敷地と広大な景色を楽しみながらのドライブ!

この日は天気もよく、この周辺にはワイナリーも多いので、ワイナリー巡りをしたい人にもおすすめの場所です!

と・・・ここは本日はスルーして目的地へ。

キャンプ場も途中にあり、この日は平日でしたが数台車が止まっていてキャンプを楽しんでいる人もいました。

私達は、まだまだ奥へ進んでいきます。

そして、途中で車をおいて、そこからがスタート。

すべての荷物を背負ってトレッキング。地図には1時間くらいでキャンプ場へつきますとのこと。

いつも地図に記載されている時間より早く着くので、

これはいける!!

と思ったのですが・・・・。最初から最後まで常に上り!!平坦な道がなく、しかも段差が常に続くという・・・。

大量の水とテントと食料と寝袋を背負っていた私は、フラフラ。

途中もう嫌だ〜!!!といいながら海に行きたいと言う始末笑 山登るといつも大量の汗をかきます。日頃の運動不足でしょうか。でもやっぱり女子。連泊はきつい!と思いながらも、とりあえずキャンプサイトを目指しました。

ですが、今回のトレッキング。書いてあった地図には1時間。これ登るのに2時間くらいかかり、今回この地図はあんまりあてにならなかったようです。

キャンプサイトに着いた時は野生のカンガルーを見たり、野うさぎをみたりと都会から離れて過ごす時間はとってものんびりできました。

夜は、料理を作り、星空を眺めながら就寝。

朝、鳥の鳴き声で目覚めましたが自然の光とともに目覚めて、山で食べる朝ご飯とコーヒーはより一層おいしく感じました!!



メルボルンから少し離れると色んな景色が見れるのでぜひキャンプおすすめです。

ちなみにこのコース、さらにここから進んでまだトレッキングできるので連泊したいという方にもぜひ!!

夏のメルボルン。まだまだ色々な楽しみ方があるのでどんどんご紹介していきますね!

お楽しみに!

10 SHARES
  9
  1
海外のクリスマスの飾りって?in メルボルン
Back
家族で楽しめるクリスマスキャロルって何??
Next
オーストラリア在住歴4年目となりました。
日本でアウトドアメーカー勤務。その後ワーキングホリデーでオーストラリア各地を旅しました。現在もメルボルン在住です!
アウトドア、旅行、写真、アクセサリー作りが趣味です。
人と違った体験や海外生活を通してこれからメルボルンに来る方のサポートができたらなと思っています!
ワーキングホリデー、留学相談、オーストラリアで英語をのばす方法など気になったらどんどん質問待ってます!!
コーヒーが大好きなのでメルボルンのカフェめぐりは任せてください!!
Comments
Total: 1
2015-12-09 23:50:26
夏のオーストラリアでキャンプなんて羨ましい〜!
楽しそうですね!元ボーイスカウトの夫が横でうらやましがってます笑
  0