Victoria州とNSW州の境界線ってどんなところ?

みなさん、こんにちは。

夏のメルボルンを今年も楽しんでいるChihiroです。

いよいよ来ました。夏到来。時々あるおかしな天気。そう!明日の気温はなんと最高気温41度のメルボルン。

と思いきや明後日、まさかの20度。

トイレから戻ってきたら38度の気温が20度代になってました。という嘘のような話しですが、ほんとにあるんです!メルボルンの天気。コロコロかわるので未だに天気にはついていけそうもないこのごろです。


今日は、郊外で楽しむビクトリア州おすすめスポットをご紹介しましょう。留学やワーキングホリデーで大きな都市は決めたけど郊外オーストラリアのよさがある気がします。

オーストラリアでしかできないワイルドな体験。都市を離れると自然いっぱいのオーストラリア。

それこそオーストラリアに住んでる!!って感じがします。

そんな中でも大自然だけど古きよきタウンをご紹介!


メルボルンから車、またはバスで3時間半ほど走ったところにあるエチューカという小さな町。

エチューカ(Echuca)は、人口約10,000人のビクトリア州とニューサウスウエールズ州の州境を流れるマレー川の流域にあり町です。

それがこちらの橋!



橋を渡るとNSW州に行く事ができます!このあたりには海がない為、夏はみなさんこの川で泳ぐようです。

暑かったのですが、川は濁っていてちょっと泳ぐには怖かったので服を来たままちょっとだけ入ってみました。




こちらのポートオブエチューカは、マレー川粗衣の港町エチューカで、今も使っている現役の蒸気船が発着する、歴史のある港です。1860年代後半から変わらぬ、蒸気を利用した港の姿をみることができるので、昔にタイムスリップしたかのような気分になります。


他にも、ビクトリア州とニューサウスウェールズ州の州境、マレー川流域にある酪農の町、コブラム(Cobram)という町があります。メルボルンから北に約240kmに位置する人口約4700人の町。地名は、アボリジナルの言葉で頭 head を意味する cobbera に由来するそうです。




エチューカ(Echuca)は、人口約10,000人のビクトリア州とニューサウスウエールズ州の州境を流れるマレー川の流域にあり町です。

とっても小さな町ですが、人もゆったりのんびりしていてとても居心地がよかったです。

何度かエチューカには行った事がありますが、オーストラリアの人が観光地として行く場所のようでホリデーを楽しむ人もよく見かけられます。

この近くではファームの仕事もありますし、釣りを楽しむこともできます。

ぜひ一度シティライフから抜け出しゆったりとした時間を過ごしたくなったら行ってみてくださいね!

夜見る星空はこのあたりとても綺麗で感動します!!

メルボルンの北はメルボルンよりもっと暑いことが多いので、しっかり水分をとってくださいね。





11 SHARES
  9
  1
メルボルンでヨーロッパを感じられる場所
Back
ボランティアで構成されたFauna parkの魅力
Next
オーストラリア在住歴4年目となりました。
日本でアウトドアメーカー勤務。その後ワーキングホリデーでオーストラリア各地を旅しました。現在もメルボルン在住です!
アウトドア、旅行、写真、アクセサリー作りが趣味です。
人と違った体験や海外生活を通してこれからメルボルンに来る方のサポートができたらなと思っています!
ワーキングホリデー、留学相談、オーストラリアで英語をのばす方法など気になったらどんどん質問待ってます!!
コーヒーが大好きなのでメルボルンのカフェめぐりは任せてください!!
Comments
Total: 1
2016-01-13 11:22:39
一瞬で38℃→20℃は恐ろしいですね。笑
慣れるまで体調管理難しそう。。

そしてのんびりした郊外も良いですねー!
ついついシティばかり注目しちゃいますが、こういうローカルなところも行ってみたいです^^
  1