オーストラリアのお金事情・1セントコインがない!?

旅行に行った先の

お金を使うのって、ドキドキしますよね~。

https://www.google.co.jp/search?q=australian+dollar+note++image&hl=ja&rlz=1T4FTJB_jaAU464AU464&biw=1093&bih=439&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0CBsQsARqFQoTCJKopvfjy8gCFYQolAodjFcKzA#hl=ja&tbm=isch&q=australian+dollar+note+and+coin++image&imgrc=vN7QX_ogKwC8oM%3A



ワタクシも、19歳で初めて異国、アメリカへ行った際

ドル紙幣やコインの支払いにドキドキしたものです。

とりあえず、大きめの紙幣を出して

お釣りをもらえばいいっかー

という超楽天的に支払いをしていました(汗)

【注:お店側も常に良心的ではありません。自分できちんと計算して支払う必要があります。】



さて、5年半前、オーストラリアに住み始めた時

表示は「$1.99(1ドル99セント)」

$2コインを出して、お釣りがもらえないことに

?????になったことを

今でも覚えています。


あれ!?1セントのお釣りは!?

と言えるだけの英語力も度胸も持ち合わせていなかったため

スルーして帰り

その疑問を

オージー夫にぶつけました。




すると彼の返答は

「1セントコインはもうないんだよ(1992年に廃止)。

四捨五入して、$1.99は$2のコト。」



それでも納得のいかないワタクシ。

それじゃ、$1.99と表示してはいけないのでは?

$2と表示すべきでは?



数ヶ月して、その謎が解けました!




つまり、$1.99の商品をたくさん買った時、

お得になるシステムなのですね。


例えば、$1.99の商品を3つ買った場合

$1.99+$1.99+$1.99=$5.97

実質には$5.95になるのです。($6ではなく)



レシートにも記載されているように
 個々の品物の値段を足していって、トータルの値段が表記されている下に
Rounding
という表記があります。ここで調整しているんですね。

合計金額の端数が、
1セントか2セントの場合は、切り捨てて、0に
3セントか4セントの場合は、切り上げて、5に
6セントか7セントの場合は、切り捨てて、5に
8セントか9セントの場合は、切り上げて、0に
 なるんですね。


1セントコインは煩わしい。

(消費者にもお店側も)

だから、廃止しよう!ということになったようです。





もう一つ、住み始めて何年もして気づいた事実(汗)

$100札もあったんです!

https://www.google.co.jp/search?q=australian+dollar+note++image&hl=ja&rlz=1T4FTJB_jaAU464AU464&biw=1093&bih=439&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0CBsQsARqFQoTCJKopvfjy8gCFYQolAodjFcKzA#imgrc=imcMeihwxIdr6M%3A

というのも


ATMで、例えば$100おろしても

たいてい$50紙幣2枚が出てくるのです。



普段生活していて$100紙幣は見かけないのです。




日本で言う1万円札とは、遭遇率がかなり違います。

日本で言う2000円札レベルといえば、わかりやすいでしょうか?




オーストラリアでは、

紙幣は$100,$50,$20,$10,$5、

コインは$2,$1,50セント、20セント、10セント、5セントがあります。


そして、紙幣は全て

プラスティック製なんですよ。

だから、破れない!



以上、オーストラリアドルについてのトリビアでした~。








           

19 SHARES
  13
  4
幼稚園から見る日豪比較
Back
コーヒーカルチャー・あなたは何派!?
Next
オーストラリア人の夫と2010年5月に日本からゴールドコーストへ移住。
日本語堪能、現役英語教師の夫と、そこそこの英語力で日本語教師のワタクシは、言語オタク。言葉について語ると止まらない・・・(笑)それでも、言語学習に苦労した私たちだからこそ、これから勉強するぞ!という人の相談に乗れるはず。
2人の子どもは、英語と日本語の2言語、オーストラリアと日本の2文化をバランスよく吸収し、バイリンガル・バイカルチャーで育っています。
趣味は、ブッシュウォーキング。料理と食べること。読書。

ゴールドコースト渡航前に聞いてみたいこと。
オーストラリアの教育事情。バイリンガル育児のこと。英語学習のことなど、お気軽にお尋ねください:)

【アメブロ】http://ameblo.jp/englishcoach2017/
Comments
Total: 4
2015-10-20 16:26:00
1セントの切り上げとか私も始め戸惑いました。今でもあれ?どっちだっけ?って思ったり。実はお得だったんですね~。知らなかった!!
  1
2015-10-20 19:40:32
私も、時々どっちだっけー!?と思うことあります。切り上がることもあるので、いつもお得とは限らないですが…
  0
2015-10-20 19:39:14
そのシステムに慣れているオージーにとっては、疑問には持たないことも、私たち外国人の目には奇妙に映ることってありますよねー。
  0
2015-10-19 23:36:26
1セントのシステム、私も最初きいたとき、「じゃあ初めから$2って書けばよくない?」って旦那にきいてみたら、「なんで?」とそもそもそこ気になるか?みたいな感じだったので、今謎が解けました!笑
  1