オーストラリアで運転するときに気をつけたい3つのこと

バスやトラムが走っているとは言え

まだまだ車社会のゴールドコースト。




ワーホリでいる人も

車を利用している人も。

また、遠出にレンタカーで!という場合もあることでしょう。




オーストラリアは、

日本と同じで右ハンドル、左側通行なので

簡単に慣れるはず。




ただ、標識の意味を理解したり

街のそこら中にあるRoundabout(ロータリー)には

気をつける必要があります。



というわけで、

今日は

車に乗るときに気をつけたい3つのことをお話しま~す。




1.Roundaboutのルールを理解せよ。


【1車線のRoundabout】


【2車線あるRoundabout】


信号の代わりに交差点によくあるRoundabout(ラウンダバウトと発音)。

信号がない分、

交通量が少ない時は、

止まることなく、スムーズに交通が流れています。



Roundaboutがあったら、Roundabout内にすでにいる車が優先です。

常に右側を見ましょう。

右から車が来ていなければGoです。


左折、右折したければ

方向指示器を事前に出しておきます。


2車線ある場合は、

左折は左レーン、右折は右レーンにいる必要があります。

直進の場合は、どちらのレーンにいてもOKです。


コレはまさに「習うより慣れろ!」(=Practice makes perfect!!)です。




2.スピードは守れ。

コチラの警察、至るところにいます。

法定規則の5km超えたら、つかまります(←経験談^^;)

罰金も痛いです(←経験談^^;)


オーストラリアの高速は

最高速度110kmまでOKな区域もありますが、

一般的には、100kmほど。

一般道でも80kmの道路もあります。

特に指示のない道路は、50kmです。




3.駐車するところに気をつけろ。

路駐は、黄色い線が引いていないかぎり、することができるので

駐車する場所に困ることはあまりありません。


しかーし、

この表示には要注意!!


右側は、障害者用。

障害者用に駐車していい証明を外からわかるように

表示していないかぎり

停めてはいけません。



左側、2Pとは「駐車していいのは2時間以内」という意味です。

この表示の場合

「月から土の、9時―17時は2時間以内のみの駐車」という意味です。

これも、厳しく取り締まられます。(←友人談

罰金も痛かったそうです(←友人談^^;)



交通ルールを理解して

楽しい車ライフを送りましょう♫










           
18 SHARES
  12
  6
朝活生活のススメ
Back
英語講師が伝授する英語上達の秘訣
Next
オーストラリア人の夫と2010年5月に日本からゴールドコーストへ移住。
日本語堪能、現役英語教師の夫と、そこそこの英語力で日本語教師のワタクシは、言語オタク。言葉について語ると止まらない・・・(笑)それでも、言語学習に苦労した私たちだからこそ、これから勉強するぞ!という人の相談に乗れるはず。
2人の子どもは、英語と日本語の2言語、オーストラリアと日本の2文化をバランスよく吸収し、バイリンガル・バイカルチャーで育っています。
趣味は、ブッシュウォーキング。料理と食べること。読書。

ゴールドコースト渡航前に聞いてみたいこと。
オーストラリアの教育事情。バイリンガル育児のこと。英語学習のことなど、お気軽にお尋ねください:)

【アメブロ】http://ameblo.jp/englishcoach2017/
Comments
Total: 6
2015-11-04 16:38:14
makikoさん、オーストラリアでの国際免許申請はすぐに出来るんですか?

高速道路が無料は確かに魅力的です!
  0
2015-11-05 19:15:51
国際免許は、日本での居住地の運転免許試験場または警察署で取れるようです。渡豪後であれば、日本での運転免許があれば、領事館で(ここから一番近いのはブリスベン)翻訳サービスを受け、国際免許と同じ効力のあるものが取得できるようです。
  0
2015-11-04 19:50:39
ゴールドコースト高速が無料なんですね!メルボルンは一部有料でETCのようなものを車につけてます!!今は運転してないですが、近々サバーブに引っ越すので運転しなきゃと思うと私もドキドキです・・・。
  0
2015-11-05 19:12:49
メルボルンでは、一部有料なのですね。
こちらは、ブリスベン方面にでかけた時、橋を渡る際にETCのようなものが必要になります。それ以外では、基本無料です。
はじめは、ドキドキしますね~。でも、慣れですから。大丈夫ですよ~。
  0
2015-11-03 21:36:51
確かに!混んでいるRoundaboutで、後続車がいようものなら、ドキドキしてしまうこともあります。
でも、道が日本に比べて、広いので、走りやすいですよ。
高速が無料!来た時は驚いたのに、今はすっかり忘れて、日常的に使っています!やっぱり魅力的ですね。
  0
2015-11-03 21:06:04
ロータリーはイギリスにもありましたが、基本的に便利ですよね!!ただ、混雑時はなっかなかグルグルの中に入れないから信号の方が早いかも・・と思うこともあったり。笑
オーストラリアは日本と比べて走りやすいのかしら?
高速が無料っていうのはすごい魅力的ですよね!!
  0