メルボルンの交通(電車・トラム・バス)事情

メルボルンの交通事情については個人差が出てしまいます。以前暮らしていた街との比較になってしまうからです。


東京や大阪など都市部出身の人はメルボルンはやや不便といいます。終電は早いし、本数も10本に一本。遅れることもあるし、早く来て早く行ってしまうこともある。イタリアの友人はイタリアと比べたらメルボルンの電車は素晴らしいと絶賛します。名古屋の知人も名古屋にいたときから駅までは結構歩かないといけないし、電車の本数もそこまで多くもない、市内に行きたいところがなかったり、行きたいところが市外だったらわざわざ行くのでメルボルンでも不便は感じないとのことでした。


日本の交通事情は頻度、正確性、本当に素晴らしい…ですが、でもそれは交通機関に勤務する方の本来必要でないほどの努力やプレッシャーによるものであることを…。

メルボルンの交通機関の方がプレッシャーがないわけでも努力をしていないわけではありません。ただ働く側にとっても人生があり、2分に一本の運航や過度な正確性を維持するなど過剰なプレッシャーは負う必要のないものだと思います。利用者の期待がこういったプレッシャーを作るのではないでしょうか。


メルボルンの良いところの一つはそこにあります。交通事情だけでいえば、都市部の人にとっては日本の方(日本の都市部)が便利です。ですが、メルボルンの人たちは電車が少し遅れたくらいでは動じません。働く側にとってはどうでしょうか。ちゃんと着かなきゃという緊迫した仕事と、遅れたときに「いいよいいよ」と言ってくれる人たち。日本は非常に便利な国ですが、その利便性という期待がいったい何を生み出し、働く側にどのようなプレッシャーや努力を強いているのか。


お客様は…神様、ではありません。お客様も働く人も「人」です。


最後に、メルボルンは非常に合理的。Mykiという定期を買えば(Suicaのようなチャージするタイプもあり)、電車もトラムもバスも乗り放題。そのため、市内に住んでいて定期は必要ない、そういう場合は…市内の中心地はすべて無料‼乗り放題‼時々中心地以外に行くときにはその都度チャージされたMykiから一回ごとにひかれていくというシステムなのです。また、Mykiは駅だけでなくコンビニエンスストアなどでもチャージができます。とってもシンプル。利用者にも優しく、働く側にも優しい街、それがメルボルンなのです。




13 SHARES
  7
  6
毎日の食材もおみやげもココで、ビクトリアマーケット
Back
メルボルンのカフェ事情
Next
メルボルンの実用的な情報や、健康関連の情報などメルボルンの生の様子、今の様子が分かるよう役に立つ情報をお届けできればと思います。
コメント
6
2015-09-08 09:51:47
1分遅延しただけで謝罪のアナウンスを入れる国なんて、やっぱり日本だけなんですかね。日本ではそれが当たり前になっていますが・・・
2015-09-08 21:42:43
本当ですよね、私も昔は期待値が高くて51分着なら51分に来なかったら不満に思ってたと思います。たぶんアナウンスも普通に聞いていたと思いますが、久しぶりに日本に帰ると1分の遅れを謝るアナウンスが1分ごとに聞こえるように感じました。とても親切で謙虚な対応だと思いますが、そんなに謝らなくてもいいのに、ほぼ時間通りにできているのはすごいことなのにと思うようになりました。
2015-09-08 10:07:04
アデレードに住んでいた時に、今日は珍しくバスが予定通りに来たな、と思ったら、20分前のバスが20分遅れで来てましたw

オーストラリアの暮らしになれると、抜けだせないですよね。
2015-09-08 21:15:06
メルボルンでは明後日木曜日は午前10時から午後2時までトラムの工事のようです。連絡は前々日の今日来ていました。大らかというかマイペースというか…私も抜け出せません。
2015-09-08 14:03:53
こんにちは!
シェアハウスオーストラリアのMoeです!
暮らしやすい都市ナンバーワンのメルボルンでもこんなことが。やはり日本の交通機関と比べちゃうとだめですね。
ゴールドコーストに住んでた夫は、バスドライバーが時間に来ないどころかルートを知らなかったので道を教えてあげたそうですよ。笑
2015-09-08 21:13:07
慣れるまではイライラもしましたが、そののんびりした環境になれると逆にその大らかさがありがたいなと感謝しております。